ブログ 戦略

【ビジネスの戦略】ユーザー体験とお土産はセットで考える理由を解説

2021年5月1日

【ビジネスの戦略】ユーザー体験とお土産はセットで考える理由を解説 まとめ
kittsuan
OK Google ビジネスの戦略を教えて
かしこまりました。「ビジネスの戦略」ですね。
Google
kittsuan
どうすれば訪問してくれた読者に満足してもらえるか考えたい
調べたら、この記事がいいですよ。
Google
kittsuan
この記事ね。「【ビジネスの戦略】ユーザー体験とお土産はセットで考える理由を解説」を見てみる。

悩み

  • ユーザーを満足させたい
  • ビジネスの戦略が知りたい
  • ユーザーファーストなコンテンツを作りたい

対象者

  • ビジネスの戦略が知りたい
  • ビジネスマン
  • ビジネスをしたい人

ビジネスをこれからしたい人、ビジネスの戦略を知りたい人向けにビジネスの戦略をまとめました。

キングコング)西野亮廣さんも仰っている内容にもなりますので、知らない方は知らないと損しますので、一つの参考意見として下さい。

参考の書籍はこちらです。

【ビジネスの戦略】ユーザー体験とお土産はセットで考える理由を解説

【ビジネスの戦略】ユーザー体験とお土産はセットで考える理由を解説

ビジネスの戦略はユーザーを満足させるために必要です。

つまり、ユーザー体験とお土産はセットで考えましょう

理由は3つです。

理由

  • 人はお土産にお金を出すから
  • 人は体験からお土産を買うから
  • 人は体験に流れるから

深堀します。

人はお土産にお金を出すから

ITテクノロジーの革新があり、仕事が徐々にロボットに代替されています。

しかし、お土産屋さんは潰れずに観光地にあります。

旅行で観光地に行った人はお土産を買うんです。

一つ目の理由は「お土産を買うことで思い出を思い出すから」ということです。

後からお土産を見たときに、「あっどこどこに行った時のお土産」と認識できます。

つまり、人はお土産にお金を出すということです。

人は体験からお土産を買うから

続いて、2つ目の理由が人は体験からお土産を買うからです。

旅行でお土産を買うのが良い例です。

旅行で自身が体験したことを「思い出として残したい」と思うことでお土産を買います。

体験することもキーポイントになります。

人は体験に流れるから

続いて、3つ目の理由が人は体験に流れるからです。

旅行もそうですが、体験したことない景色、ご飯、経験をしたい生き物です。

人は景色を見に体験する、ご飯を食べに体験する、経験をするために体験します。

コロナ渦では難しいですが、体験を行うために出掛けます。

こうした体験をする際に、お土産を買って体験したことを思い出を思い出す装置として必要になってきます。

ユーザー体験とお土産がセットで使われている場面

ユーザー体験とお土産がセットで使われている場面は数えきれないくらいあります。

あくまでも一例ですが、記載します。

セットで使われている場面

  • 娯楽施設
  • 観光地
  • 個展
  • ビジネス展示会
  • 劇場

体験したいことにお金を出すことや、体験した思い出を思い出すためにお土産を買うことはこの先もなくならない気がしています。

ビジネスの展示会では、自社ソリューションを展示し顧客に体験してもらい自社ソリューションのカタログを持って帰ってもらう。

最終的に自社ソリューションを購入してもらう為のファーストステップが展示会になります。

「ユーザー体験×お土産」様々な場面で使われていることがわかりました。

kittsuan
ブロガーさんはどんな施策があるかな?と考えてみました。

おまけ:ブロガー目線で考えるユーザー体験とお土産

個人的に考えついたのは2つです。

ブロガー目線の施策

  • ブログテーマ販売
  • LPのテンプレート

この2つで必要不可欠なのはユーザー体験ができる「デモサイト」を用意しておくことです。

これができれば、体験してもらったユーザーに自分のブログに来てくれた人がお土産として購入してくれる可能性があります。

もちろん、読者にとって「ブログテーマ」や「LPのテンプレ」の価値がなければお土産になりません。

オフラインではユーザー体験とお土産は非常に強いセットです。

オンラインでもユーザー体験とお土産が考えられるように試行錯誤していきます。

【ビジネスの戦略】ユーザー体験とお土産はセットで考える理由を解説 まとめ

【ビジネスの戦略】ユーザー体験とお土産はセットで考える理由を解説 まとめ

ブログ運営の戦略はユーザーを満足させるために必要です。

つまり、ユーザー体験とお土産はセットで考えましょう

理由は3つです。

理由

  • 人はお土産にお金を出すから
  • 人は体験からお土産を買うから
  • 人は体験に流れるから

ユーザー体験とお土産がセットで使われている場面は数えきれないくらいあります。

あくまでも一例ですが、記載します。

セットで使われている場面

  • 娯楽施設
  • 観光地
  • 個展
  • ビジネス展示会
  • 劇場

体験したいことにお金を出すことや、体験した思い出を思い出すためにお土産を買うことはこの先もなくならない気がしています。

ブロガーさん目線で考えると2つ思いつきました。

ブロガー目線の施策

  • ブログテーマ販売
  • LPのテンプレート

この2つで必要不可欠なのはユーザー体験ができる「デモサイト」を用意しておくことです。

これができれば、自社サイトに訪れてくれた読者のお土産として買ってもらえるかも。

でも、ユーザー体験とお土産はオフラインで非常に強いセットです。

ユーザー体験とお土産に関して詳しく知りたい方はこちらです。

現場からは以上でーす。

  • この記事を書いた人

kittsuan(きっつぁん)

会社にバレずに副業を継続中▶ブラック企業勤務▶副業ブロガー▶ブロガー4年目▶平日3時間作業▶IT営業職▶座右の銘『小さく始めて大きく育てる』▶会社員をしながらサステナブル副業術を発信しています

-ブログ, 戦略

© 2022 kittsuan blog